就寝時間や睡眠の質を見直して

agaは男性の脱毛症で、放置せず早期に対策をするのが大切です。特に、睡眠が十分でない人は、22時から2時頃までの間に眠るように心掛けましょう。成長ホルモンが活発になる時間帯に深く眠ることで、頭髪の成長を促せると言われています。どうしても、成長ホルモンが活発になる時間帯に就寝できない場合は、少なくても6時間程度の睡眠時間を確保すればaga対策になり得るでしょう。また、深く眠るためには、自律神経をコントロールする副交差神経の働きが優位になるように、睡眠が妨げられるような行動を避けるのが大切です。例えば、眠る直前までパソコンやスマートフォンを操作すれば、ブルーライトの影響を受けて質の高い睡眠が得られにくくなるので避けるようにしましょう。

頭皮を血流不足にしないためには

成長ホルモンが活発になる夜の時間帯に、食事を摂る習慣がある人は、夕食を早めに済ます努力をしましょう。22時以降に食事を摂ると、就寝中に食べた物を消化しようとして胃や腸に血流が集中してしまいます。頭髪は、頭皮に運ばれてきた栄養素で成長しますが、その栄養素を運ぶのは血液です。成長ホルモンによって頭髪や毛根の新陳代謝を活発にしたくても、遅い時間帯の食事で頭皮に栄養が届きにくい状態を作ってしまえばaga対策にはなりません。加えて、頭皮の血流を良くするためには過度なダイエットも避けるようにしましょう。ダイエットによって必要な栄養素が足りなかったり、栄養バランスが崩れたりすれば、全身が血流不足を起こして頭皮まで栄養が届きにくくなってしまいます。

脱毛症は成人男性によく見られる症状で、頭頂部や額の生え際などからだんだんと薄くなっていきます。この薄毛や脱毛の症状であるagaを横浜の専門病院で治療することが可能です。女性の育毛治療にも定評があります。

関連サイト
更新情報