胸を切開して大きくする

豊胸方法は、まず胸を切開して大きくする豊胸手術があります。腋の下辺りを切開してシリコンバッグを挿入することにより、一瞬で胸を大きくすることができます。見た目や触り心地も本物の胸と大きく違わないので、裸になった時の違和感もありません。胸の本来の役割である授乳も可能です。胸を切開するということに不安を感じるのも無理はありませんが、トラブルは少ないです。ただ、いきなり胸が大きくなるので周囲からの視線が気になる場合もあります。冬など胸が目立ちにくい季節に行うと、気付かれずに豊胸できます。

ヒアルロン酸を注入する

胸を切開しなくても豊胸は可能です。ヒアルロン酸を注入することによって、少しだけバストアップできます。ヒアルロン酸注入の良い部分としては、大胆な変化がないので周囲から豊胸を気付かれにくい点です。胸を切開しないので不安も少ないですし、費用も少なくて済みます。ヒアルロン酸は体内にも存在するものなので、有害ではありません。ただ、ヒアルロン酸は永遠に存在するものではなく時間が経つと吸収されてしまいます。故に継続的にヒアルロン酸を注入する必要があります。

自分にとってベストな方法を考える

色々な体験談などを見て慎重に方法を考えることになりますが、自分の気持ちを第一に考える必要があります。心底バストサイズで悩んでいるのであれば切開して一気にバストアップを狙う方が良いですし、絶対に気付かれたくない場合はヒアルロン酸注入になります。どちらにせよ大切な選択になるので、後悔のないように進めたいものです。

水着や温泉が嫌いなのは小さな胸にコンプレックスがあるから、という人は少なくないはずです。ずっと悩んでいるならば、思い切って豊胸手術を受けてみるのはどうでしょう。その決断で人生が変わるかもしれません。