デリケートな部分なので配慮してくれる店舗が多い

VIOの脱毛に興味はあるが、「痛そう」や「恥ずかしい」ので踏み出せないといった人は少なくないでしょう。ただしデリケートな部分なので、可能な限り配慮している店舗は多いです。例えば痛みに関してですが、中にはレーザーなどの脱毛機器の試し打ちをしてくれる場合があり、そこで我慢できそうかを判断できます。それから施術中に痛いと感じた場合、休みを挟みながら行ってくれる場合があるのです。加えてお願いすれば、事前に施術箇所を冷やし痛みを感じにくくしてくれます。また恥ずかしいと感じる人は多いのでしょうが、店舗で用意しているショーツを貸してくれて、少しずつめくりながら脱毛していくのです。女性のスタッフだけといった店舗が一般的ですし、たいていはカーテンや仕切り板で他のお客さんとは顔を合わせないようにしています。

VIO脱毛について知っておきたいこと

ほとんどの店舗では、VIOの脱毛をする前に自分で処理するように言われます。基本的には前日に行うのですが、肌の弱い人は剃りたての肌にレーザーを当てると痛みを強く感じることがあります。そこで肌が弱いとわかっているなら、事前にスタッフに相談しておくと良いでしょう。それからすべての毛を脱毛するなら良いですが、一部を残すなら好みの形に整えておきます。また施術を受ける時の格好ですが、たいていのところでは専用のガウンやショーツに着替えるため、脱ぎ着しやすいものなら何でも良いです。そして施術を受けた当日は、脱毛した箇所が痛むかもしれないため、お風呂には入れないことが多いです。シャワーくらいなら構わないのでしょうが、ぬるいお湯にしておくのが無難です。加えてお酒や過度の運動などもやめておきましょう。

VIOライン脱毛は、主にデリケートゾーンの脱毛になります。メリットとしては、生理中痒くない、蒸れないことにより清潔が保たれる、剃毛後も脱毛が完了していれば痒みが発生しないなどがあります。

Vライン脱毛はこちらから
レーザー脱毛なら表参道はココ