各脱毛方法の利点と欠点

自分で脱毛をする方法には、T字カミソリや毛抜き、家庭用脱毛器、脱毛ワックスや脱毛クリーム、電気シェーバーなどを使う方法があります。安価で手軽に無駄毛処理ができる方法として人気なのがT字カミソリです。しかし、カミソリ負けをして炎症を起こす人もいますし、毛だけでなく角質もはがれて肌が乾燥しやすくなることがあります。毛抜きもお手軽な処理方法ですが、埋没毛や毛嚢炎の原因となったり毛穴が鳥肌のようになってしまったりすることもあるので注意が必要です。

家庭用脱毛機には、レーザー、サーミコン、フラッシュと種類があり、レーザーはフラッシュよりも効果が高く、フラッシュは効果は低いですが、安全性が高い脱毛機です。脱毛ワックスやクリームは、短時間で広範囲の無駄毛を処理できますが、角質まではがすので肌が乾燥しやすくなります。電気カミソリは、短時間で広範囲の処理が可能で、安全性も高い処理方法ですが、カミソリと同様に毛の断面が目立ちやすいのが欠点です。

状況で処理方法の使い分けしよう

それぞれの処理方法によって利点と欠点があります。処理方法で迷った時には、何を優先するかを考えてみましょう。すぐにでも無駄毛がない綺麗な状態にしたいときには、カミソリやワックスなどの、短時間で広範囲の処理ができる方法が最適です。時間に余裕があるなら、家庭脱毛器のフラッシュ式などの安全性の高い処理方法を選ぶと良いでしょう。時間に余裕がない時には、カミソリやワックスなどが有効なのですが、これらの方法は肌への負担が大きいです。そのため、頻繁に利用するのは避け、利用した際にはしっかりと肌ケアをすることで肌トラブルのリスク軽減になります。

医療脱毛は医療従事者が対応しているためトラブルが生じれば皮膚科の知見をもって処置をしてくれるのです。

スポンサードリンク
医療脱毛なら新宿を探す